記事一覧

一口馬主を投資ではなく、趣味として始めよう

一口馬主を投資ではなく、趣味として始めようと思っています。一口価格の安さから、友駿ホースクラブ、タイキレーシングクラブ、ブルーインベスターズ、どのクラブがいいでしょうか? 理由をお聞かせ下さい、あと他のおすすめクラブ等ありましたらよろしくお願い者ます。

私自身はキャロット会員なのでオススメはキャロットですかね。 その3つからどうしても選ばないといけないなら友駿かな。 単純に活躍馬の量や質での判断です。 タイキは昔は良かった(タイキシャトル、タイキブリザード等)ものの現在はアンコイルドが数年前に重賞連対した以外は特に無し、ブルーはブルーコンコルド以外の活躍馬がほぼ無し。 これに比べれば常にでは無いものの重賞馬をちょこちょこ出す友駿が一番優秀かなと判断します。 ただこの3つ共にリーディングサイアートップクラスの種牡馬はほぼいません(細かくは確認していませんので、あくまで簡単に流し見をした程度です)。 キャロットはノーザン傘下のためノーザンから馬が出てくるので一流所も多く揃っています。 またパーティーなどの催し物もあり、競馬を見る以外でも楽しめるかと思います。 ただ馬を持ちたいだけならどれでも価格が合えばいいでしょうが「勝ちたい」「重賞も目指したい」など目標を高くしていくのであればキャロット、シルク、ロードなどもいいと思います。 細かい違い等は資料やネットで確認頂くとして、1番の違いとしては実績制です。 キャロットは実績制は無く(母馬優先や前年抽選外れ優先などは補填や長年の会員へのご褒美制度と思って下さい。母馬優先はキャロットに限らず結構やっている所は多いですし)、シルクやロードは実績制ありという所です。 実績制とは単純に今までどれだけのお金をクラブに使ったかという部分で抽選される制度で、多いほど優先される制度です。なので長年やるか、一気に大金を使うなどをしないと抽選にもならず外れる可能性があります(ただしロードはまだ会員が少ないので満口にならない馬も多いですが)。 キャロットはこれが無いので前年外れの優先権か母馬優先が無ければ全員同じです。 ただしキャロットは会員数も多いため、1回目の投票から大抽選会になります。なので上手く狙わないと一頭も取れないという人もいらっしゃいます。ですが売れ残りがダメという訳でも無く、1回目の投票売れ残りからルージュバックやトールポピーなども出ています(私の一口での初勝利も売れ残り馬)。 まぁ私はキャロット、シルク、ロードで迷い、キャロットにした理由は シルク→勝負服がダサい(あくまで私の主観です)、ネットでネタにされるくらいに名付けセンスが無い。 ロード→ロードカナロアのような大爆発、ここ数年のコンスタントな活躍、なのに価格はソコソコと迷いましたが、冠名に必ず「ロード」が付く(牝馬は除く)という事、会員イベントはほぼ無しという事で色々と楽しみたいので×。 といった感じでキャロットを選びました。


やっとエアブラシ買いました、しかしコレはイラストで買いにくいので、Amazonで買いましたが余計偏見の目で見られそうです。

知恵袋はブログじゃないぞ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント